飯田 厄除 八方除 祈願・祈祷 交通安全 車祓 冨士山稲荷神社

飯田 神社 厄除 八方除 祈願・祈祷 交通安全 車祓

  • 神社には年間で多くの祭典や行事があります。一年の移り変わりとともに神さまにそれぞれの祈りを捧げます。

1月 1日
歳旦祭
1月 7日 七草粥調進
1月15日 鏡開祭
2月節分日 節分祭
節分初午厄除開運大祈願祭
2月11日 紀元祭
2月初午日 初午祭
3月15日 火伏祭
4月 8日 祈年祭
4月20日 火伏鎮火祭(秋葉神社春祭)
4月28日 宗宮春季大祭
5月 8日 奥ノ院例祭
6月 4日 菖蒲供進式
6月22日 夏越祭(大祓)
7月 3日~
麦藁提燈祭
7月 7日 例祭 宵祭
7月 8日 例祭 本祭 むぎわら祭り
7月14日 薄供進式
7月15日 津島祭・祇園祭
8月上旬 石神祭
8月15日 風祭
10月12日 宗宮秋季大祭
10月下旬 秋葉神社例祭
11月 3日 福神祭
11月23日 新嘗祭
12月23日 年越祭(大祓)
12月28日 松供進式
その他 宗宮月次祭 毎月1日・15日
本宮月次祭 毎月8日・22日
日別御饌調進 毎日
上記は主要なものです。その他の祭典はお尋ねください。
  • 当神社のご利益として知られる開運災難除を祈念する大祭日です。毎年立春の日の前日に斎行し、10時から30分ごと16時まで斎行しております。
    当日の予約は特に必要ありませんが、事前にお申込みいただくと、なるべくお待たせせずにご案内ができます。また、当日いらっしゃれない場合も事前にご予約いただく事で、大祈願祭の御札をお受けいただく事ができ、後日祈願をお受けいただけます。ご相談ください。

  • 御札

  • 厄除破魔矢

  • ○麦藁提燈祭 7月3日から7月7日
    ○特別祈願祭 7月3日から金額に応じ斎行
    ○宵祭    7月7日
     奉納煙火  19時10分~ 約800発
    ○例祭    7月8日
    当社の例大祭は、むぎわら祭りとして知られ、7月7日の奉納煙火は、飯田の夏祭りのさきがけとして祭りに華をそえます。古くから周辺の農家が麦のたいまつを作って、害虫駆除、豊作、開運招福、災難除を祈って燃やし、むぎわら祭りとして行われてきました。明治時代には各個の崇敬にとどまり、わずかにむぎわら祭りとして知られましたが、戦後崇敬者の協力で社頭は一転し、飯田市を始めとする伊那谷はもちろん、県内外からの尊崇を集める煙火奉納の祭りとして続いています。また当社舞殿にて行われる芸能奉納は、当社に芸能上達の御神徳が有ることに由来し、多くの方の奉納が祭りを彩ります。
    7月3日からは麦藁提燈祭が行われ、境内には400ほどの提燈がともされます。7月7日の宵祭には五穀豊穣、商売繁昌、無病息災、幸福豊楽、開運招福を願い、花火が奉納され、福麦をお受けになる参拝者で賑わいをみせます。奉納煙火当日にお越しになる方は、公共の交通機関をご利用ください。
    ふじやまの風景 >>

  • 金守(幸福豊楽御守)

    800円

  • 福麦

    1,500円(7/3から無くなり次第終了)

  • 七夕短冊


  • 奉納煙火


  • 「奉納煙火特別祈願祭」

    当神社の祭礼に特別祈願を行いますが、奉納煙火特別祈願料として、敬神の念厚い皆様から御協賛を賜り斎行しております。祈願料を頂きご祈念申し上げますが、その玉串料の一部を煙火代として奉納させていただいております。花火の番付に名前を載せない方は、満額祈願料としてお受けいたします。また、奉納を頂いた方の短冊を提灯に付け、麦藁提灯祭として、神様へお気持ちの灯をお上げいたします。
    受付期間は5月1日より5月30日まで。(作成の都合上30日以降は番付に名前が載りません)祈願のみの受付は6月30日までとなっております。詳細は神社へお訪ね下さい。